2007年04月20日

ゲームマーケット2007顛末記

 4月8日にゲームマーケット2007が開催されました。トロイホースも参加したのですが・・今回は大変厳しい戦いとなりました。そこでゲームマーケットへの準備も含めた「顛末記」を報告したいと思います。

 トロイホースがゲームマーケット2007への本格的な準備に入りだしたのが、昨年11月のTGF(テーブルゲームフェスティバル)でした。ここでトロイホースは4つの輪DX版と新作「ウサギと番犬」を出展、来場された多くの人にテストプレイをしてもらい、十分な手ごたえを感じていました。
 12月は私とゴエ氏は自サークルの冬コミ準備作業の為、トロイホースでの準備作業は中断しました。尚フェニックスキャンペーンブースにて4つの輪DX版を4部頒布した所無事完売となりました。
 歳が明けていよいよ製作作業も本格化するかと思いきや、「ウサギと番犬」について更にルールをブラッシュアップすべきという意見が出されました。ウサギ毎の特殊能力により有利不利がはっきりしてしまったのです。また番犬の移動方法にも様々な案がでましたが結論が出ず、2月、3月のコンベンションでもテストプレイする事ができなかった為、結局「ウサギと番犬」は来年へ製作延期となってしまいました。
 「ウサギと番犬」の製作作業が停滞した時、急浮上してきたのが、「カラットの探索者たち」というゲームでした。初期バージョンではバランスは悪かったのですが、ゲームバランスを見直した所、大幅にゲームバランスがよくなった為、急遽トロイホースで製作を行う事となりました。しかしコンポーネント担当のゴエ氏が1−3月が多忙だった事もあり(私も多忙でした・・)、製作作業に遅れが生じ、更にこのゲームは六角タイルを使うのですが、注文していた六角タイルがゲームマーケットに間に合わない事が一週間前に明らかになり・・結局タイルは通常の厚紙印字&イラストなし状態での製作を余儀なくされました。カード類も直前に印字した為裁断機による手動裁断作業を前日の7日に延々数時間行う羽目となってしまいました・・。
 というわけで迎えたゲームマーケット。しかし当初3人でブースの売り子をするという予定だったのですが、アジサイ氏は体調不良、不死汰氏は当日バッティングしてしまった別イベントへの参加の為不参加となり、午前中はイシオドリ氏1人で売り子をするという非常事態となってしまいました。当初、自サークルブースにて動けない私の代わりに空きのスタッフ1人に人気サークルの行列に参加してもらう予定だったのですが、私とゴエ氏はそれぞれ自サークル(グループ乾坤一擲&名工大シミュレーションゲーム友の会)にて予想通り1時間以上クギ付けとなり、人気サークルのゲームのいくつかは入手できないという痛恨の結果となってしまいました。とりあえず買う事ができたのは下記の物です。

1.ルールの達人(カワサキファクトリー)
2.ハーメルンのたて笛(ボードゲームのおもちゃ箱)
3.おバカショッピング(King's Court)
4.料理チャンピオン拡張カード(King's Court)
5.CITY PLAN 2.0 (Hammer Works) 
6.CHICKEN HUNTER(Hammer Works)
7.三国盛衰記第二版(TDF)
8.ANIMAKER〜声優大作戦バージョンアップキット(TDF)
9.ぴらぴらてふてふ(操られ人形館)
10.Alice(操られ人形館)
11.ペマザッカ〜ペンバル魔法雑貨店(KeyRoom)

あと何点かは購入可能だったりですが・・前日の徹夜作業の為、既に体力の限界に達していました。

 さて、トロイホースブースの状況ですが、やはりコンポーネントが「完全版」ではない「カラットの探索者たち」は苦戦となりました。それから4つの輪も昨年ほどは出なかったようです。冬コミでは出ていたので期待したのですが・・残念です。それから昼位から一般入場にて来場されたコンベンション常連のハセオ氏に4つの輪のデモプレイ等を手伝っていただきました。ありがとうございました。
 ゲームマーケットの報告は以上です。今回はベストメンバーでの参加が果たせず、出展ゲームの完成度も今ひとつの内容で少々残念な結果となってしまいましたが、来年もぜひ参加したいです。ただそろそろ会場が手狭になってきたのを感じたのは私だけではないようです。特に昨年に比べると参加サークルが増えた代償としてフリースペースが減り、サークルのデモプレイはほとんど行えない状況になっていました。ゲームマーケットのアンケートでも会場問題について項目がありました。来年はどうなるのかわかりませんが、個人的には次の大会場へステップアップして欲しいところです。
posted by 平景虎 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

ゲームマーケット向け最新製作状況

 こんばんは。平景虎です。トロイホースのゲームマーケット向けゲームの製作状況をお伝えしていきたいと思います。

 まず、残念なお知らせです。本日カタログがサークル代表者に送付されてきましたが・・・カタログで頒布予定としていた「ウサギと番犬」ですが、公開テストプレイを行ったTGF以降のテストプレイが思うように進まず、「まだ頒布できる状態ではない」との判断から、ゲームマーケット2007での頒布は見送る事となりました。期待されていた方申し訳ありません。
 で、「ウサギと番犬」の代わりに浮上してきたのがイシオドリ氏デザインの「カラットの探索者たち」というゲームです。ゲームの詳細は「第18回コンベンション報告」を参照してみてください。コンポーネント製作担当のゴエ氏が奔走した結果、今月末に六角タイルが入手できる事となったので、4月にはいってから急ピッチで製作がスタートする事になるかと思います。現段階では間に合うかギリギリの状態ですが、何とかがんばってみます。最新情報が入り次第、またお知らせします。
 
 最後にこのゲームは今回も頒布します。しかも新バージョンも登場します。

「4つの輪DX版」「4つの輪ポータブル版(新登場)」
 おなじみトロイホースオリジナルゲーム第一弾がリニューアルしての登場です。DX版は昨年のTGF2006にて初頒布、冬コミでも少数頒布しましたが、いよいよゲームマーケットに登場です。昨年のゲームマーケット及び夏コミにて頒布した初版から、ゲーム盤をホワイトボードに貼り付け、コマをマグネットにした事で耐久性・プレイアビリティが大幅に向上した一品です。そして更にニューバージョンとしてポータブル版が新たに加わりました。
4circle_p1.jpg
ゲーム盤をA5ケースに入る大きさに小型化し、コマを持ちやすいピンタイプの小型マグネットに変更しています。DX版(A4相当)と比較すると、その小ささがわかるかと思います。
4circle_p2.jpg
コンポーネントを小型軽量化する事で可搬性が大幅に向上しています。これなら旅行のお供に、屋外でのプレイにとプレイの機会が増えるかもしれません・・。

「4つの輪DX版」は頒布価格800円、「4つの輪ポータブル版」は頒布価格1000円の予定です。


 
posted by 平景虎 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

第20回コンベンション報告

 3月10日に第20回トロイホースコンベンションが開催されました。当日の参加者は6名、ゲストの方は1名でした。尚、イシオドリ氏もゲームマーケット参加に合わせスタッフの仲間入りです。

 まずはアジサイ氏とイシオドリ氏とでこのゲームをプレイ。
1.「タクティクス・ファンタジー」(アジサイ氏デザイン)
tactics_fantasy.jpg
 以前手書きで作成されていた「タクティカス・ファンタジー」が印刷バージョンにて再登場です。以前の「モンスター軍団」「英雄王軍団」に加え僧兵等で編成された「聖なる軍団」と「ドラゴン軍団」が追加されていました。いわゆる「ファンタジー軍人将棋」でして、12枚のカードで構成される軍団を指揮して縦8マス×横6マスのボード上をカード1枚ずつ交互に行動させて先に敵の大将を討ち取った方が勝ちというゲームです。2人の対戦後、私と不死汰氏でも対戦を行いました。アジサイ氏によれば11月のTGFでの公開テストプレイに向け、様々な軍団をさくせいしているとの事でした。

私と不死汰氏でこちらも対戦ゲームをプレイ。
2.アルティメットカードゲームバトル(不死汰氏デザイン)
UCGB0310.jpg
 前回に引き続いてのプレイです。カードそのものは前回と同じ物のようでした。2回ほどプレイ。TCG経験の少ない私は今回も苦戦でした。

アジサイ氏とイシオドリ氏は続いてこのゲームをプレイ。
3.シルバーコインズ(ボードゲームのおもちゃ箱)
silver_coins0310.jpg
 当コンベンションでおなじみのさとー氏デザインの2人用ゲームです。久しぶりのプレイです。ゲームは自分の3つのコインを既定の位置に全て動かしたプレイヤーが勝利となるのですが、3手先まで進ませる為のカードをプロットしなければならないのがミソで、なかなか思惑通りにいかなかったりする所ですね。UCGBが長引いた為、こちらも続けて2回プレイしたようです。その後イシオドリ氏のトランプを使った創作ゲームをプレイしていたようですが、そちらの詳細は不明です。

しばらく対戦用ゲーム×2で動かしていましたが、ここでゲストのたいぺい氏が来場されたので、ここで5人でプレイする事となりました。まずこのゲームをプレイ。

4.CHICKEN WARRIORS(カナイ製作所)
checken_warriors0310.jpg
 ファンタジー系ゲームを得意とするカナイ製作所の冬コミ新作です。1月のコンベンションで好印象だったので再びプレイしてみました。前回は4人プレイでしたが、プレイ感は5人プレイでもそれほど変わりませんでした。混戦になりましたが、最後に抜け出したのはたいぺい氏でした。60分位で5人プレイOK、ルールも簡単という事で今後稼働率が上がりそうなゲームです。

続いて、「グループ乾坤一擲」の宣伝も兼ねてという事で私がこのゲームをリクエクトしました。

5.クソハード決定カードゲーム「負け組」(フェニックスサーガ/グループ乾坤一擲)
makegumi.jpg
 今回は冬コミ時に頒布した「廉価版」を用意。以前のバージョンとの違いはカードが名詞カードではなく光沢系の紙を裁断したTCGサイズのカードに変更した点です。それから名作カードが数枚増え、点数は低いがラッキーカードが2枚引ける「SIMPLEシリーズ」等が加わりました。それから5人プレイ対策用に場の名作カードを1枚減らしました。
 今回は「クソゲー強化月間」が乱れ飛び、大物クソゲーが徘徊する厳しい展開となりました。それでも最後は10点以内に3人がひしめく大接戦となりました。「史実通りの展開」も随所に見られ、一同大爆笑の内に終わりました・・。 この後たいぺい氏が退場し、負け組プレイ中に来場したゴエ氏を交え、ゲームマーケットに向けての連絡事項・今後の予定等が話し合われました。

 報告は以上です。ゲームマーケットまで1ヶ月をきりました。トロイホースの頒布予定作品については現在製作の真っ最中です。詳細については決定次第随時このブログにて発表していく予定です。
 最後に宣伝をば。今回プレイした「負け組廉価版」はゲームマーケットに参加する「グループ乾坤一擲」ブースにて頒布予定です。但し冬コミ在庫のみ(12〜13部位)の頒布予定ですので、希望者はお早めにどうぞ^^


posted by 平景虎 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

第19回コンベンション報告

 今回も報告送れて申し訳ありませんでした。2月3日に第19回コンベンションが開催されました。当日の参加者は8名、ゲストの方は5名でした。最近は何回かきていただいているリピーターの人も増え、2卓立つ局面も珍しくなくなりつつあります。うれしい限りです。それでは早速当日プレイしたゲームを紹介します。まずはこのゲームをプレイ

1.UCGB(アルティメットカードゲームバトル)(サークル遊闘符)
UCGB.jpg
 不死汰氏が手がけるTCG異種格闘技ゲームです。元々は市販の様々なTCGのルールを統合、それらのカードを用いてプレイするゲームなのですが、今回はTCG初心者またはTCGのカードを持っていない人でもプレイできるようにとのコンセプトからオリジナルのカードを製作、その初回プレイです。プロトタイプ版はベーシックなルールに基づくカードのみで構成されていますが、カード毎に様々なTCGのルールが混ざっていますのであまりTCG経験のない私にはやや戸惑う所もありました。今後もテストプレイを続けていく事になるかと思います。

UCGBプレイ中に人も集まってきましたので、私・イシオドリ氏・ハセオ氏・不死汰氏・森須氏の5人にてこのゲームをプレイ。

2.朝まで総選挙(ボードゲームのおもちゃ箱)
ASA.jpg
おなじみさとー氏デザインの選挙をモチーフにした陣取りゲームです。トロイホースでは定番のゲームです。5人プレイは手札枚数が少なく、なかなか思うようにコマを置けずに苦労しますが、そこがまたよい所かもしれません。今回は関東が大接戦でした。初プレイの人も多かったですが今回も盛り上がりました。

続いて森須氏持込のゲームを続けてプレイ。
3.ひとりがいちばん(森須氏デザイン)
HITORI_1.jpg
トランプを用いたバッティングゲームです。3人以上なら何人でもプレイできます。詳しいルールはこちらを参照してみてみてください。http://www.trpg.net/user/morris/original/board/hitoichi.html
シンプルなルールですが5人、6人と人数が集まるとかなり盛り上がります。備品もトランプやおはじき・ポーカーチップ等でプレイ可能ですので、パーティーゲームとしてよいのではないでしょうか?

4.タイトル募集中(森須氏デザイン)
UNKNOWN.jpg
まだタイトルが決まっていないとの事です。プレイヤーは場に出ているカードに対し、手札を1枚場札の上に置きます。この時直前の場札と種類・数字が同じかかどうか、手持ちカードの残り枚数によりプレイヤーシートに記載された枚数のチップを獲得します。チップ2枚払う事でのみ手札の補充が可能です。こうして手番を繰り返しチップの枚数を多く集めた人が勝利となります。現在、獲得チップの枚数を調整中との事でしたが現バージョンでも十分楽しめました。

5.聖職者と人狼(森須氏デザイン)
seishokusya.jpg
プレイヤーは裏が青のカード(聖職者)と赤のカード(人狼)のカードを持ちます。手番は場札の上のコマに対し手札1枚を出しその数字だけ場札の上のコマを時計回りに動かします。もし赤いカード(満月)、青いカード(新月)の上でコマが止まったら全員手札を公開します。この時満月の時は青いカードがプラス、赤いカードがマイナスになり新月の時はプラスマイナスが逆として、手札の合計値を宣言します。この時手札の値がマイナスの人はライフカウンターを1つ失い、更に最も値の小さいプレイヤー(複数人の時あり)もライフカウンターを1つ失います(つまりライフカウンターを2つ失うプレイヤーもいる時がある)。こうしてライフカウンター(5個)がなくなったプレイヤーは脱落していき、最後まで生き残ったプレイヤーが勝利となります。手札の赤・青をうまく切り替えられるかは難しかったです。±0附近に手札を調整していくと序盤は無難にこなせそうですが、中盤以降では「最も合計値の低い人」などで値がプラスでもライフカウンターを失う局面もありました。これも完成度は結構高かったですね。尚、プレイしたバージョンは新版との事です。

いったん不死汰氏がプレイから抜け4人でこのゲームをプレイ。
5.ほんのきもちです(Hammer Works ) 
honno_kimochi.jpg
ゲームマーケット2006で買ったゲームですが、迂闊にも今回が初プレイ。各自3枚ののし袋に手持ちの点数札を好きな組み合わせで袋に入れ、場に置きます。手番に場から1袋セレクトして左右どちらかの相手に「ほんの気持ちです」といって渡します。もらった相手はさわったり、すかしたりして確認し受け取るかどうかを宣言します、受け取らない場合次の人にその袋を渡します・・このようにして全員が3袋ずつ受け取った所で中身を確認し最も多い人が勝利となります。
 点数札が5枚位重なるともう透かしてもわかりませんね(笑)。極端に薄い袋は完全なスカか大当たりかが最もわかりにくい組み合わせになりますね(苦笑)

ここでゴエ氏が来場、不死汰氏とUCGBのテストプレイを行う事になり、残りの4人でこのゲームをプレイ。

7.夢幻迷宮(森須氏デザイン)
mugen_meikyu.jpg
7×7のボード上を探索し宝を探し当てて無事指定のGOALへ向けて脱出した人が勝利となるゲームです。手番は3アクション行え、(1)1マス進む(裏のマスなら表にする)(2)カードをプレイする(3)カードを1枚引くの3種類かを好きなように組み合わせて行います。
 今回のプレイでは宝を取ってから長期戦となりました。3人の妨害をくぐり抜けてGOALするのはかなり困難のようでした。

ここでゴエ氏があまり時間がないとの事だったので、見学に
来ていた異人館氏も交え今日最大の7人にて再び「ひとりがいちばん」を3回プレイ。ここでゴエ氏と異人館氏は退場。

続いて定番のこのゲームをプレイ
8.「LIVING DEAD Till Dawn」(チームきりたんぽ(仮))※過去画像です
living_dead_1028_2.jpg

完全なヘビーローテーションです(笑)。今回は森須氏が速攻思慕しましたが他の人は命からがら何とか朝日を拝めたようです。

ここで森須氏もそろそろ退場するとの事だったので定番のこのゲームをプレイ。

9.「エルスミーアの卒業試験」(ボードゲームのおもちゃ箱)※過去画像です
elsmia_1028.jpg
こちらも定番ゲームです。ダイスの確率を気にしながら出目に一喜一憂するゲームです。この日は私が大当たりの出目で一気に押し切って勝ちました。

ここで森須氏と入れ替わりで本気屋氏が来場、残った5人にてこのゲームをプレイ。
10.七色交通省(Wisteria)
7color.jpg
タイルに書かれた色の線路を繫げていく「カルカソンヌ」「アクワイア」ライクなゲームです。トロイホースでは数ヶ月ぶり2回目のプレイです。中盤うまく流れに乗れた私が逆転勝利という珍しい展開となりました。ルールもシンプルでなかなかの好ゲームです。ただ終盤勝利からあきらかに脱落してしまうプレイヤーが出てしまうのは残念ですが・・まあやむを得ない所です。

ここで不死汰氏も退場、ハセオ氏休憩の為残りの3人でこのゲームをプレイ

11.「銀河英雄伝説ボードゲーム トゥールハンマー」(書を守る者)
Thor hammer0203.jpg
前回に引き続きプレイ。本来は4人ゲームなのですが、1色抜いて3人にてプレイ。3人だとトゥールハンマーの発射頻度は高くなかった為、あっさり終わりました(笑)>結局私しか発射ではず、うち1発は重力波の影響を受けてしまいました(苦笑)

コンベンション報告は以上です。いよいよゲームマーケットが近づいて参りました。今回はアジサイ氏が不参加・ゴエ氏は短時間のみ参加という事で「ウサギと番犬」のテストプレイは実施できませんでした。次回は「ウサギと番犬」やイシオドリ氏の「カ探」のテストプレイ中心で行きたいと思います。もちろん持込同人ゲームがあればそちらもプレイします。それでは次回コンベンションもよろしくお願いします。尚次回は再び隣の和室での開催となります。
posted by 平景虎 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

第18回コンベンション報告

 第18回コンベンションは1月20日に開催されました。当日の参加者は9名、ゲストの方は5名と大崎に本拠地を移転して以来一番の盛況となりました。

 まず、一年ぶり参加のさとー氏の新作をテストプレイ。

1.ハーメルンのたて笛(ボードゲームのおもちゃ箱)
hameln_1.jpg
「ハーメルンの笛吹き男」をモチーフとしたカードゲームです。
まず、ネズミのシルエットがある数字でカウントアップゲームを行います。21以上の数字を出したプレイヤーが「敗北」となりチップを1枚失います。

hameln_2.jpg
続いてカードはそのままで女の子のシルエットの数字を使ってマストフォロータイプのトリックテイキングゲームを行います。トリックを取れずに最初に0枚になったプレイヤーはチップを1枚失い脱落します(複数人同時に脱落もアリ)。尚、最初の脱落者以降の脱落者はチップは失いません。最後までカードを保持できたプレイヤーが脱落者のコインをすべて獲得します。この2つのゲームを複数回プレイし、コインをすべて失ったプレイヤーが出た時点でゲームは終了し、その時点で最もチップの多いプレイヤーが勝利となります。
 プレイした感じはやや前半のカウントアップゲームの比重が低めかな?という印象ですが、プレイ時間も40分位と手軽ですしプレイ人数も柔軟性がありそうで(当日は6人プレイを行いましたが大きな問題はなかったです)
なかなか楽しめました。ゲームマーケットへ向けて鋭意製作中との事ですのでがんばってほしいです。

ここで「ハーメルンのたて笛」プレイ中にゲストの方が何人も訪れたので、久しぶりに2卓に分かれてのプレイとなりました。

さとー氏が冬コミ新作をプレイしたいとの事だったので、このゲームをプレイ。

2.「銀河英雄伝説ボードゲーム トゥールハンマー」(書を守る者)
Thor hammer.jpg
冬コミ新作の中でも異彩を放っていたゲームです(笑)。各プレイヤーは自由惑星同盟の1個艦隊を率い、帝国軍のイゼルローン要塞攻略を目指します。しかし要塞主砲「トゥールハンマー」は各手番にエネルギー充填が行われ充填完了すると、トゥールハンマーが最も要塞に近づいたプレイヤーに向けて発射されます。このトゥールハンマー判定に使うのがなんとチョロQ(爆)。チョロQを走らせてプレイヤーのボード上の艦隊コマをなぎ払います。但したまにチョロQがあさっての方向に曲がって走ってしまう事があるのですがルールによると「重力場の影響なので気にしないように」との事(笑)。1回目のプレイであまりトゥールハンマーが発射されずに終わったため、思わず2回プレイしてしまいました。「重力場の影響」で要塞主砲が曲がってしまうたびに大爆笑の嵐で大いに盛り上がりました。

続いて同じメンバーで冬コミ新作のこちらをプレイ。

3.「Chicken Warriors」(カナイ製作所)
Chicken Warriors.jpg
コミケ・ゲームマーケット・TGFと精力的にゲームイベントに参加されているカナイ製作所さんの冬コミ新作です。
 プレイヤー達は協力してドラゴンやゴーレム、サイクロプスといったおなじみのモンスターと戦います。モンスターとの距離を詰めると強力な攻撃を行えますが、その分モンスターの攻撃を受けやすくなります。またわざと相手を前に押し出す「PUSH」の効果を持つ攻撃も行え、自分のホジションには最新の注意を払う必要があります。モンスターにダメージを与えるたびにVPを獲得でき、最終的にこのVPが多い人が勝利となるのですが・・自キャラがモンスターの攻撃で殺されてしまうとVPが半分に減らされてしまい一筋縄ではいきません。しかもモンスターの攻撃は強力でしばしば死ぬ事になったりします・・。以前プレイした「Wizards' Mischief」に比べるとプレイ感は軽く、それでいて結構悩ましい展開になりなかなかおもしろかったです。次のゲームマーケットにも新作を持ち込むとの事。がんばってください。>カナイさん

一方もうひとつの卓ではこちらがプレイされていました。

4.「超神ネイガーカードゲーム」(有須野白兎氏デザイン)
neiger.jpg
ゲストのサノ氏持込のゲーム。秋田のローカルヒーロー「超神ネイガー」を題材にしたヒーローアクションゲームです。プレイ詳細は不明ですが、こちらも好評で盛り上がっていたようです。


ここで、卓をリシャッフルしました。私のいる卓ではこのゲームをプレイ。

5.「カラットの探索者達(仮)」(イシオドリ氏デザイン)
card_tansaku.jpg
通称「カ探」。ベースとなるルールは「カタ○」と同じなのですが、いくつかのルールにより、プレイ感はだいぶ異なります。まず、各プレイヤーの得点方法として「鉱山タイルを取る」というのがあります。各タイルはそれぞれ宝石を産出する「鉱山タイル」と呼ばれる物なのですが、「探索」を行うとそのタイルを盤から除去し自分の場に置きます。除去されたタイルの跡地は新たなタイルを山から引いて置きます。探索したタイルは自分の色なら2点、それ以外なら1点となります(10点で勝利というのはカ○ンと同じです)。これが得点獲得のメインの方法となります。
 また探索を行う為には他のプレイヤーの労働者がそのタイルの辺のどこにもいない限りできないのですが、「護衛」をそのタイルに置く事で探索を行えるようになります。この「護衛」は「盗賊」に対しのブロックの役目もあり重宝しますが、1個しか場に配置できず、その使い方は勝敗の鍵を握ります。
 一回目のプレイでタイル配分にやや難があった為、それを補正して再プレイ。宝石算出の為、そのタイルを護衛で保持するのか、「2」「12」等の宝石が算出しにくいタイルを探索する事で違うタイルにして流れを変えるようにするか等、○タンとは違うかなり流動化するゲーム展開を楽しめました。テストプレイに参加した全員がその完成度を高く評価していました。プレイ後参加した私やゴエ氏もゲームマーケットへ向けトロイホースとして製作の協力を申し出た程でした。


一方もうひとつの卓ではこのゲームをプレイ。

5.「うさぎと番犬」(トロイホース)
usagi0120.jpg
トロイホースオリジナルゲーム第2弾としてゲームマーケット2007に向けて製作中のゲームです。番犬の移動方法でアクセントをつけるとかウサギの能力のバラつきを補正すべきとの意見が出ていたようです。

続いて、不死汰氏お気に入りのこのゲームが登場
6.「LIVING DEAD Till Dawn」(チームきりたんぽ(仮))※過去画像です
living_dead_1028_2.jpg

最近ヘビーローテーションで稼動しています。今回は全員何とか朝日を拝めたようです。


「カ探」のプレイが2回目に入り、ここでさとー氏他何人かが退場され、残ったハセオ氏・不死汰氏でこのゲームをプレイ。

6.4つの輪DX版(トロイホース)
4circle_dx0120.jpg
おなじみ対戦型アブストラクトゲームです。相手のコマを追い抜いて取っていくというゲームなのですが、終局はなんとこの形になりました
4circle_dx01201.jpg
青はあと1アクションで勝利を逃したようです。

コンベンション報告は以上です。コンベンション後、イシオドリ氏と連絡を取る事ができ、「カ探」をトロイホースブランドでゲームマーケットへ向けて製作する事が正式決定しました。イシオドリ氏は製作環境を持っていない事からゴエ氏を中心にコンポーネントの製作をトロイホースで請け負う事となりました。ゲームマーケットまで期間があまりなく厳しい状況ですが、こういうゲームを発表できる場は現在ゲームマーケット以外にない為、何とか形にしたい所です。尚、次回は来週ですが、今回同様午後・夜間開催なので多数ご来場をお待ちしております。




posted by 平景虎 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

第17回コンベンション報告

 12月上旬から今日に至るまで多忙につきなかなかブログを更新する事ができず申し訳ありませんでした。更に12月のコンベンション内容を撮影したSDメモリーカードを紛失してしまい、残念ながら今回の報告では新作映像はありません。ご了承ください。

 第18回コンベンションは12月16日に開催されました。当日の参加者は5名。ゲストは2名でした。

 午前中はゲストの方も来場されなかったので、締め切りが目前に迫っていたゲームマーケット2007参加についての打合せを行っていました。

 午後になって、アジサイ氏とTRPGコンベンションで知り合ったというハセオ氏が来場され、早速ハセオ氏が持参したゲームをプレイ。

1.強行突破作戦 (ハセオ氏自作ゲーム)
 ボード上にメタルフィギュアを並べ、何やら「ウォーハンマー」などのミニチュアゲームかと思いましたが、何とゲームブックスタイルでフィギュアをボード上を移動させていくというゲームでした。今回はお話は完結しておらず、約10分程度のお試しプレイとなりました。まだまだストーリー進行のさせ方、見せ方に工夫があるかな?と思いました。

ここでベンジャミン氏が来場されたので、いつもの定番ゲームをプレイ。

2.エルスミーアの卒業試験(ボードゲームのおもちゃ箱)
 当コンベンションで一、二を争う高回転の定番ゲームです。特にあまりゲームをしない人や初心者の人とプレイするのに最適です。またルールも簡単なので、コンベンションでの「つかみ」としてよくプレイされています。

ここでベンジャミン氏があまり時間がないとの事だったのでプレイから抜け、最後にこのゲームをプレイ。

3.LIVING DEAD Till Dawn(チームきりたんぽ)
 最近高回転でプレイされている強力プレイ型ゾンビ撃滅ゲームです。朝日を拝めるか、全滅かのギリギリ感がクセになるゲームです。今回は私だけが殺されましたが。他の3人は瀕死ながらも辛くもゾンビを振り切って朝日を拝めたようです・・。

 今回の報告は以上です。会場手配役のゴエ氏より提案があり、今後午後〜夜間で取れる日を優先させるとの事となりました。但しそれにより今まで原則として第3土曜日を開催日としていたのですが、今後は「毎月1回土曜日開催」に変更となりました。午前・午後だとさすがに参加者の数を期待できないようなので、やむない措置かと思います。
posted by 平景虎 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

テーブルゲームフェスティバル2006参加報告

 11月19日、都立産業貿易センター台東館5Fで開催された「テーブルゲームフェスティバル2006(以後TGF2006)」に我々トロイホースもサークル参加してきましたので報告します。

 当日はあいにくの雨という事もあり、参加者の出足が心配されましたが・・今回は明らかに参加者数は前回を上回っていたようです(前回の主催者発表は500名だったので推定600名位か?)。今回の我々の出し物は以下の様な物でした。

1.「4つの輪」実演販売
4circle_dx.jpg

昨年のTGFにて公開テストプレイを行った「4つの輪」製品版の体験プレイ&物販を行いました。今回はゲームマーケットでのバージョンからコマをマグネット化し、ホワイトボードにゲーム盤を貼り付ける事で、前バージョンのチープさを払拭し、よりプレイアブルにする事に成功した「DX版」を投入しました。おかげさまで体験プレイを希望する人はほぼ途切れる事はありませんでした>但し、実際に購入された方はほとんどいませんでしたが・・(汗)

2.新作「ウサギと番犬」公開テストプレイ
usagi_to_banken_1119.jpg
(撮影タイミングを失敗しボードのみの撮影となってしまいました・・)

 アジサイ氏の新作「ウサギと番犬」の公開テストプレイも実施しました。前日何とかテストプレイバージョンを完成させてぶっつけ本番でのテストプレイです。こちらも何回か稼動しました。テストプレイの成果は上々のようで大きな問題点は特に挙がりませんでした。コンポーネントを仕上げれば何とかゲームマーケット2007には頒布できそうです^^

3.謎のコマ販売
coma.jpg

「4つの輪」のみしか販売できないのは忍びないとの事でアジサイ氏が型からおこしたコマへ謎の2字熟語を印字したシールを貼り付けた「TRPGやボードゲームにて使用できるコマ〜使い方は∞の可能性」も合わせて販売しました。意外に手に取ってみる人は多かったようですが・・買った人はわずかでした。


 このイベントは公開テストプレイやデモプレイが中心の為、企業ブースの新作ボードゲームのプレイ卓で参加者が長時間拘束されてしまっていたみたいで、同人サークルの方のブースにはなかなか人が集まりませんでした。特に今回は夏を過ぎてから急にサークル側でも物販可能となったため、サークル側ではほとんど物販可能な新作同人ゲームを用意できなかった事も一因となったようでした。

 報告は以上です。当日は多くの方に次回コンベンションの宣伝ビラを受け取っていただきました。次回コンベンションに興味を持ち是非参加していただけたら・・と思います。
posted by 平景虎 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

第16回コンベンション報告

 11月18日に開催された第16回コンベンションの報告を行いたいと思います。当日の参加者は4名、ゲストは0名でした。ゲストの方がいなかった事もあり、午前中は明日のTGF出展予定の新作「ウサギと番犬」のコンポーネントについて協議、まとまった所でゴエ氏がPCにて原版データを作成させました。ここでサンプル印字の為、いったんゴエ氏が退場したので残った私・アジサイ氏・不死汰氏の3人でゴエ氏が戻るまで軽いゲームをプレイする事に。

1.「BABEL5」(チームきりたんぽ(仮))
babel5_1.jpg

 当コンベンションではおなじみのチームきりたんぽ(仮)のゲームです。型から作られたオリジナルの塔の上にダイスを積み上げていくアクションゲームです。プレイヤーは手番がきたら大きいダイス2個・小さいダイス1個を振り、出目と同じ塔にダイスを積み上げなくてはなりません。但し6の目は任意の塔に割り振ることができます。積み上げた時にダイスを崩してしまうとそれらのダイスが失点として引き取る事になります。尚、小さい目の方ほど積みにくいが失点は低く、大きい目の塔は積みやすいが失点が大きくなっています。ゲームはアジサイ氏が5の塔に7つを載せ見せ場を作りますが、結局8つ目を載せようとして失敗全部引き取る事になり脱落、小さい目の失点のみで押さえた不死汰氏の勝利。
babel5_2.jpg

続いて定番のこのゲームをプレイ。

2.「モレール」(king's court)
morel_1118.jpg

 おなじみトイレ我慢カウントアップゲームです。この日は中盤のバーストポイント付近で激しい攻防がおこり、いつにない接戦に。最後は不死汰氏:2、アジサイ氏:2、私:6の圧倒的有利な状況からアジサイ氏の「おっとごめん!」(私はランダムでカードプレイしなければならない)カード2連発で大逆転負けを喫して終了となりました・・。

ここでゴエ氏がサンプルを携えて戻ってきました。テストプレイを行おうとしましたが、ここで時間切れとなりこの日は終了となりました。

報告は以上です。TGFの打ち合わせで時間を取られてしまいあまりプレイの方は行えませんでした。午前・午後のコンベンションはやはり午後・夜間のコンベンションと比較するとゲストの方の入場者数は激減するようです。今後、午後・夜間にてコンベンションが開催されるようにしたい所ですが・・なかなか厳しいようです。まあ午後のみ参加でも4時間位たっぷりプレイできますので、午前・午後でのゲストの方の参加をお待ちしております・・。
posted by 平景虎 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

第15回コンベンション報告

 10月28日に第15回コンベンションが開催されました。当日の参加者は5名。3名の方がゲストとして来場されました。
 今回は久しぶりの午後・夜間開催で久しぶりにゲストの方が多数来場されるのではないかと思われましたが・・最初の2時間は全く人が現れず。この日はスタッフのアジサイ氏・不死汰氏が共に欠席との連絡もあり、私とゴエ氏の2人だけの時間が続きました・・。このままだと「コンベンション報告」にならないと思われた時、京成氏・イシオドリ氏が来場。何とか「コンベンション報告」ができる状況になりました(汗)。さっそくお二人にどんなゲームが良いか確認した所、軽めのゲームがよいという事になり、まずはこのゲームをプレイ。

1.「エルスミーアの卒業試験」(ボードゲームのおもちゃ箱)
elsmia_1028.jpg

 ゲーム初心者の方や軽めのゲームを希望の方に「つかみ」としてまず出すゲームです。ルールも簡単ですし、ダイスゲームですからそれなりに盛り上がりますし、プレイ時間も30分位ですからオープニングゲームとして最適なゲームだと私は思っています。お二人にもこのゲームは好感触だったようで、思わず2回プレイしました。

続いて、こちらのゲームをプレイ。

2.「LIVING DEAD TILL DAWN」(チームきりたんぽ(仮)
living_dead_1028.jpg

 おなじみゾンビとの死闘を繰り広げるカードゲームです。以前プレイした時も「協力プレイ必須」としてプレイしたゲームですが、3回目の「DAWN」カードが出た所で私が仲間に力を貸さずに「1人だけ生き残る作戦」というギャンブルプレイに徹した為、次々と仲間は脱落していきます。しかし、結局4枚目の「DAWN」カードを拝めず、私も含めパーティーは全滅となりました・・。>4枚目は山札の下から2番目という運のなさでした(汗)。

ここで本気屋氏が来場され、5人となった所でおなじみの「ネタゲー」をプレイ。

3.「クソハード決定カードゲーム〜負け組2006」(フェニックスサーガ/グループ乾坤一擲)
makegumi_1028.jpg

 定番のネタゲーです(笑)。トロイホースでは初めての5人プレイ。5人プレイだと名作カードの枚数がキツキツで、イベントカードが出やすいので、山札から名作を引くのはかなりデンジャラスです・・。今回も大物ソフトのネトゲー化が相次ぎ、そうはさせじと他のプレイヤー達も大物クソゲーで対抗します(笑)。特にゴエ氏は45点のネトゲーを発売した所、何と合計−75点のクソゲーの猛ラッシュを浴びて序盤で轟沈、私も終盤「不二子ちゃん」と「女スパイ」に「隠れ名作(+20)」と「ネトゲー(+30)」の切り札2枚を奪われ脱落しました。また終盤まで奇跡的にイベントが出なかったのですが、本気屋氏が「コア構想→邪神フィギュア→イメージキャラ→ディスクをガリガリ→負の遺産」と連続で引いてしまうという悲運にみまわりたりしていました・・。>たあら氏に相談して5〜6人プレイ用に、追加の名作カードを拡張キットの形で頒布してもらおうかと思います。

ここでいったん休憩となり、ゴエ氏がいったん退場した所で、京成氏・イシオドリ氏・本気屋氏等で現在製作中のゲームのテストプレイをすることに。

4.「ピラミッドを作ってUFOと交信するゲーム(仮)」(京成氏等自作ゲーム)
piramid.jpg

 今のコンポーネントはトランプを使っていますが、変更の可能性アリとの事。プレイではトランプのスートのみ意味があります。プレイヤーは1組ずつのトランプを持ち山札とします。手番になるとまず山札から1枚ドローした後、以下の行動のうち1つを行えます。
1.ピラミッド建設(ドローしたカードをピラミッドの土台として配置する事ができます。更に手札から1枚追加してピラミッドの建設に使えます)
2.チャネリング(交信)(ピラミッドが「三角形」の形になっていたら行えます。1D6し、頂上を除いた段数以下を出すと、1VPを得るかイベントカードを引く事ができます)
3.バリスタ(ドローしたカードと同じスートのカードを手札から出す事で使用可能。上家に対し攻撃を行えます。攻撃を受けた側は攻撃されたカードと同じスートのカードを出せれば攻撃無効にできますが、出せない場合ピラミッドのそのスートと同じカード(尚、ピラミッドの土台として構成されていないスートのカードでは攻撃できない)を除去し、その際ピラミッドの形を維持できなくなった時、それらのカードをピラミッドから除去しなくてはなりません。尚、バリスタで使用したカードは両者共補充できません。また上家以外に射程を延ばすには更に追加で任意の1枚を手札から使用する必要があります。)
4,補充(ドローしたカードを手札に加えます)
勝利条件は、8VPを獲得したプレイヤーの勝利です。
 1回プレイしただけなので、はっきりはわかりませんでしたが、一度VPで離されてしまうと途中から追いつくのは厳しいかと思いました。とはいえバリスタの威力を上げてしまうと混戦になってなかなか終わらなくなってしまいそうですし・・・なかなか難しいですね。ただ完成度は高かったとは思いますので、来年のゲームマーケットを目指したらどうでしょう?その時は我々も協力しますよ。

ゴエ氏がなかなか戻ってこなかったので、再び「LIVING DEAD TILL DAWN」をプレイ。
living_dead_1028_2.jpg
前回のプレイはかなりインパクトがあったようで、今度は本気屋氏も加わってのプレイ。但し今回は意外なほど順調で、珍しく各自に武器が行き渡っており「ゾンビはどこだ!」と叫ぶような一幕もありました>こういうケースはそう多くないのですがね。

ここでゴエ氏が戻ってきて、最後にこのゲームをプレイ。

5.「ドンペリ」(チームきりたんぽ(仮))
don_peri_1028.jpg

おなじみのバッティングゲームです。しかし・・今回の私はひどかった。なんと最終ラウンドまで獲得点数が何と0点!いやあ、バッティングしまくりです(汗)・・どうにもならなかったですね(苦笑)。今回は全員前半戦はバッティングしまくりで、得点獲得者がほとんどない状態でした>よこどりクレーンのバッティングがかなり多かった。〆のゲームも大変盛り上がりました。

 報告は以上です。今回はスタートは遅かったですが、5時間位みっちり遊べて良かったです。今回チョイスしたゲームは過去プレイして実績のあるゲームばかりだったので安心してプレイできました。ゲストのみなさんの受けもよかったようです。
 さて、次回は「TGF直前コンベンション」というわけで、今回プレイできなかったTGF向けテストプレイ用新作のテストプレイ中心で進めていく事になりそうです。もちろん他のゲームもいつも通り持ち込みますので安心してください。それでは次回ご来場をお待ちしております。
posted by 平景虎 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

第14回コンベンション報告

 第14回コンベションが9月16日に開催されたので報告したいと思います。当日の参加者はスタッフ4名+ゲスト1名でした。イエサブにて置かせてもらっていたチラシが20枚位なくなったので、ある程度その人達が来るかと思ったのですが・・・全く現れませんでした(汗)。まあその人達はそのチラシで「トロイホースコンベンション」の存在を初めて知ったのではないかと思いますので、来月に期待したい所です。尚、当日はデジカメを家に忘れてきてしまうと痛恨の失態を演じてしまいました。やむなく「写るんです」を購入して撮影しましたが、まだ現像に出してません(汗)。うまく写っているかわかりませんが、写っていたら後日画像もUPします。

 事前に参加表明された常時次人氏が来場され、スタッフ全員が揃った所で各々自己紹介やTGF2006の話題などを話しておりましたが、来場者がこれ以上なさそうだったので11時位からゲームを始める事としました。まずはこのゲームをプレイ。

1.「朝まで総選挙」(ボートゲームのおもちゃ箱)
asamade2.jpg
※過去の画像です。

 トロイホースでは定番の一品。常時氏はドイツゲームライクな頭を使うゲームが好みという事だったので、プレイ時間も短めで考え所もあるこのゲームをチョイスしました。当コンベンションでは初の5人プレイです。5人プレイでは手札の枚数が少ないので、なかなか思うエリアに影響コマを置けず全員苦戦していました。ゴエ氏が関東の浮動票チェックで自分のコマを2個も引くという「引きの強さ」を披露して大いに盛り上がりました。

続いて常時氏のリクエストでこちらをプレイ

2.「万博へ行こう!」(名工大シミュレーションゲーム友の会)
go_banpaku.jpg
※過去の画像です。

 「愛・地球博」をテーマとした「パビリオン巡りをして思い出を集める」ゲームです。トロイホースでは2回目のプレイです。今回は最初の2ヶ月が思ったより長く続き、各自かなりの「思い出マーカー」を置くことができました。但し次の2ヶ月があっという間に終わってしまい、最後の2ヶ月に各自プレッシャーがかかり、「とりあえず思い出をばらまこう」という感じで皆が早め早めにマーカーを置いていきました。その結果かなりの接戦となり、僅かの差で常時氏の勝利となりました。

ここで、残り時間が2時間位となった所で本日のメインイベントをプレイ

3.「二枚舌の庭師」(常時次人氏製作中ゲーム)
 常時次人氏が現在製作されている同人ゲームです。プレイヤーが品評会に出す花の作品をより多く作れるかを競うゲームです。システムはTCGライクなカードさばきと「サンファン」等のマネジメント系の要素を持つゲーマー向けゲームのようでした。カードのカウンティング要素や相手への妨害効果の高い特殊カードがかなりあり、初回プレイという事もありますがゲームの流れを掴むのと各カードの効果を覚えるのに私は少々時間がかかってしまい、覚えた頃にはゲームは「潰し合い」の局面になっていました・・惨敗です。ゲームのおおまかな流れや特殊カードの効果の大半はプレイしてみて何とか理解できたので、再戦する機会があればもう少しうまくプレイできるかなあと思いました。ルール的な破綻はほとんど見られなかったので、完成度は現時点でも高いと思いました。ただ現バージョンだと全てのカードに特殊効果があるので、初回プレイ時にはこれらの学習時間もある為ややプレイ時間がかかる(90分位)という印象でした。2回目以降ではプレイ時間は短縮されると思いますが、真ん中あたりの数値のカードは特殊効果をなくすなどして、プレイ時間の短縮化を進めるという方向性もあるかと思いました。あと、序盤で出遅れた人がやや終盤厳しい状況になりそうな感じだったので、ある程度の「一発逆転」の要素はあってもよいかなとは思いました。

 コンベンション報告は以上です。次回は久しぶりに午後〜夜間での開催です。結構朝起きるのきつかったので助かります(汗)。チラシを持ち帰った方々、是非次回の参加をお待ちしています。
 
posted by 平景虎 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。