2007年02月24日

第19回コンベンション報告

 今回も報告送れて申し訳ありませんでした。2月3日に第19回コンベンションが開催されました。当日の参加者は8名、ゲストの方は5名でした。最近は何回かきていただいているリピーターの人も増え、2卓立つ局面も珍しくなくなりつつあります。うれしい限りです。それでは早速当日プレイしたゲームを紹介します。まずはこのゲームをプレイ

1.UCGB(アルティメットカードゲームバトル)(サークル遊闘符)
UCGB.jpg
 不死汰氏が手がけるTCG異種格闘技ゲームです。元々は市販の様々なTCGのルールを統合、それらのカードを用いてプレイするゲームなのですが、今回はTCG初心者またはTCGのカードを持っていない人でもプレイできるようにとのコンセプトからオリジナルのカードを製作、その初回プレイです。プロトタイプ版はベーシックなルールに基づくカードのみで構成されていますが、カード毎に様々なTCGのルールが混ざっていますのであまりTCG経験のない私にはやや戸惑う所もありました。今後もテストプレイを続けていく事になるかと思います。

UCGBプレイ中に人も集まってきましたので、私・イシオドリ氏・ハセオ氏・不死汰氏・森須氏の5人にてこのゲームをプレイ。

2.朝まで総選挙(ボードゲームのおもちゃ箱)
ASA.jpg
おなじみさとー氏デザインの選挙をモチーフにした陣取りゲームです。トロイホースでは定番のゲームです。5人プレイは手札枚数が少なく、なかなか思うようにコマを置けずに苦労しますが、そこがまたよい所かもしれません。今回は関東が大接戦でした。初プレイの人も多かったですが今回も盛り上がりました。

続いて森須氏持込のゲームを続けてプレイ。
3.ひとりがいちばん(森須氏デザイン)
HITORI_1.jpg
トランプを用いたバッティングゲームです。3人以上なら何人でもプレイできます。詳しいルールはこちらを参照してみてみてください。http://www.trpg.net/user/morris/original/board/hitoichi.html
シンプルなルールですが5人、6人と人数が集まるとかなり盛り上がります。備品もトランプやおはじき・ポーカーチップ等でプレイ可能ですので、パーティーゲームとしてよいのではないでしょうか?

4.タイトル募集中(森須氏デザイン)
UNKNOWN.jpg
まだタイトルが決まっていないとの事です。プレイヤーは場に出ているカードに対し、手札を1枚場札の上に置きます。この時直前の場札と種類・数字が同じかかどうか、手持ちカードの残り枚数によりプレイヤーシートに記載された枚数のチップを獲得します。チップ2枚払う事でのみ手札の補充が可能です。こうして手番を繰り返しチップの枚数を多く集めた人が勝利となります。現在、獲得チップの枚数を調整中との事でしたが現バージョンでも十分楽しめました。

5.聖職者と人狼(森須氏デザイン)
seishokusya.jpg
プレイヤーは裏が青のカード(聖職者)と赤のカード(人狼)のカードを持ちます。手番は場札の上のコマに対し手札1枚を出しその数字だけ場札の上のコマを時計回りに動かします。もし赤いカード(満月)、青いカード(新月)の上でコマが止まったら全員手札を公開します。この時満月の時は青いカードがプラス、赤いカードがマイナスになり新月の時はプラスマイナスが逆として、手札の合計値を宣言します。この時手札の値がマイナスの人はライフカウンターを1つ失い、更に最も値の小さいプレイヤー(複数人の時あり)もライフカウンターを1つ失います(つまりライフカウンターを2つ失うプレイヤーもいる時がある)。こうしてライフカウンター(5個)がなくなったプレイヤーは脱落していき、最後まで生き残ったプレイヤーが勝利となります。手札の赤・青をうまく切り替えられるかは難しかったです。±0附近に手札を調整していくと序盤は無難にこなせそうですが、中盤以降では「最も合計値の低い人」などで値がプラスでもライフカウンターを失う局面もありました。これも完成度は結構高かったですね。尚、プレイしたバージョンは新版との事です。

いったん不死汰氏がプレイから抜け4人でこのゲームをプレイ。
5.ほんのきもちです(Hammer Works ) 
honno_kimochi.jpg
ゲームマーケット2006で買ったゲームですが、迂闊にも今回が初プレイ。各自3枚ののし袋に手持ちの点数札を好きな組み合わせで袋に入れ、場に置きます。手番に場から1袋セレクトして左右どちらかの相手に「ほんの気持ちです」といって渡します。もらった相手はさわったり、すかしたりして確認し受け取るかどうかを宣言します、受け取らない場合次の人にその袋を渡します・・このようにして全員が3袋ずつ受け取った所で中身を確認し最も多い人が勝利となります。
 点数札が5枚位重なるともう透かしてもわかりませんね(笑)。極端に薄い袋は完全なスカか大当たりかが最もわかりにくい組み合わせになりますね(苦笑)

ここでゴエ氏が来場、不死汰氏とUCGBのテストプレイを行う事になり、残りの4人でこのゲームをプレイ。

7.夢幻迷宮(森須氏デザイン)
mugen_meikyu.jpg
7×7のボード上を探索し宝を探し当てて無事指定のGOALへ向けて脱出した人が勝利となるゲームです。手番は3アクション行え、(1)1マス進む(裏のマスなら表にする)(2)カードをプレイする(3)カードを1枚引くの3種類かを好きなように組み合わせて行います。
 今回のプレイでは宝を取ってから長期戦となりました。3人の妨害をくぐり抜けてGOALするのはかなり困難のようでした。

ここでゴエ氏があまり時間がないとの事だったので、見学に
来ていた異人館氏も交え今日最大の7人にて再び「ひとりがいちばん」を3回プレイ。ここでゴエ氏と異人館氏は退場。

続いて定番のこのゲームをプレイ
8.「LIVING DEAD Till Dawn」(チームきりたんぽ(仮))※過去画像です
living_dead_1028_2.jpg

完全なヘビーローテーションです(笑)。今回は森須氏が速攻思慕しましたが他の人は命からがら何とか朝日を拝めたようです。

ここで森須氏もそろそろ退場するとの事だったので定番のこのゲームをプレイ。

9.「エルスミーアの卒業試験」(ボードゲームのおもちゃ箱)※過去画像です
elsmia_1028.jpg
こちらも定番ゲームです。ダイスの確率を気にしながら出目に一喜一憂するゲームです。この日は私が大当たりの出目で一気に押し切って勝ちました。

ここで森須氏と入れ替わりで本気屋氏が来場、残った5人にてこのゲームをプレイ。
10.七色交通省(Wisteria)
7color.jpg
タイルに書かれた色の線路を繫げていく「カルカソンヌ」「アクワイア」ライクなゲームです。トロイホースでは数ヶ月ぶり2回目のプレイです。中盤うまく流れに乗れた私が逆転勝利という珍しい展開となりました。ルールもシンプルでなかなかの好ゲームです。ただ終盤勝利からあきらかに脱落してしまうプレイヤーが出てしまうのは残念ですが・・まあやむを得ない所です。

ここで不死汰氏も退場、ハセオ氏休憩の為残りの3人でこのゲームをプレイ

11.「銀河英雄伝説ボードゲーム トゥールハンマー」(書を守る者)
Thor hammer0203.jpg
前回に引き続きプレイ。本来は4人ゲームなのですが、1色抜いて3人にてプレイ。3人だとトゥールハンマーの発射頻度は高くなかった為、あっさり終わりました(笑)>結局私しか発射ではず、うち1発は重力波の影響を受けてしまいました(苦笑)

コンベンション報告は以上です。いよいよゲームマーケットが近づいて参りました。今回はアジサイ氏が不参加・ゴエ氏は短時間のみ参加という事で「ウサギと番犬」のテストプレイは実施できませんでした。次回は「ウサギと番犬」やイシオドリ氏の「カ探」のテストプレイ中心で行きたいと思います。もちろん持込同人ゲームがあればそちらもプレイします。それでは次回コンベンションもよろしくお願いします。尚次回は再び隣の和室での開催となります。
posted by 平景虎 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: アクワイア (ボードゲーム)アクワイア (Acquire) は、ホテルのチェーンに投資して稼ぐボードゲームであり、通常はアブストラクトゲームに分類される。このゲームは、1960年代にシド・サクソンによ..
Weblog: ポイズン ゲーマーミーティング
Tracked: 2007-08-10 07:59


Excerpt: プレイヤーは3人から6人。2人で遊ぶことも可能ではあるが、面白みにはかける。一般的な大会では4人でプレイされる。最初に各プレイヤーは1枚ずつタイルを引く。このタイルの数字が少ない順にプレイすることにな..
Weblog:
Tracked: 2007-08-17 01:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。