2006年11月24日

テーブルゲームフェスティバル2006参加報告

 11月19日、都立産業貿易センター台東館5Fで開催された「テーブルゲームフェスティバル2006(以後TGF2006)」に我々トロイホースもサークル参加してきましたので報告します。

 当日はあいにくの雨という事もあり、参加者の出足が心配されましたが・・今回は明らかに参加者数は前回を上回っていたようです(前回の主催者発表は500名だったので推定600名位か?)。今回の我々の出し物は以下の様な物でした。

1.「4つの輪」実演販売
4circle_dx.jpg

昨年のTGFにて公開テストプレイを行った「4つの輪」製品版の体験プレイ&物販を行いました。今回はゲームマーケットでのバージョンからコマをマグネット化し、ホワイトボードにゲーム盤を貼り付ける事で、前バージョンのチープさを払拭し、よりプレイアブルにする事に成功した「DX版」を投入しました。おかげさまで体験プレイを希望する人はほぼ途切れる事はありませんでした>但し、実際に購入された方はほとんどいませんでしたが・・(汗)

2.新作「ウサギと番犬」公開テストプレイ
usagi_to_banken_1119.jpg
(撮影タイミングを失敗しボードのみの撮影となってしまいました・・)

 アジサイ氏の新作「ウサギと番犬」の公開テストプレイも実施しました。前日何とかテストプレイバージョンを完成させてぶっつけ本番でのテストプレイです。こちらも何回か稼動しました。テストプレイの成果は上々のようで大きな問題点は特に挙がりませんでした。コンポーネントを仕上げれば何とかゲームマーケット2007には頒布できそうです^^

3.謎のコマ販売
coma.jpg

「4つの輪」のみしか販売できないのは忍びないとの事でアジサイ氏が型からおこしたコマへ謎の2字熟語を印字したシールを貼り付けた「TRPGやボードゲームにて使用できるコマ〜使い方は∞の可能性」も合わせて販売しました。意外に手に取ってみる人は多かったようですが・・買った人はわずかでした。


 このイベントは公開テストプレイやデモプレイが中心の為、企業ブースの新作ボードゲームのプレイ卓で参加者が長時間拘束されてしまっていたみたいで、同人サークルの方のブースにはなかなか人が集まりませんでした。特に今回は夏を過ぎてから急にサークル側でも物販可能となったため、サークル側ではほとんど物販可能な新作同人ゲームを用意できなかった事も一因となったようでした。

 報告は以上です。当日は多くの方に次回コンベンションの宣伝ビラを受け取っていただきました。次回コンベンションに興味を持ち是非参加していただけたら・・と思います。
posted by 平景虎 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

第16回コンベンション報告

 11月18日に開催された第16回コンベンションの報告を行いたいと思います。当日の参加者は4名、ゲストは0名でした。ゲストの方がいなかった事もあり、午前中は明日のTGF出展予定の新作「ウサギと番犬」のコンポーネントについて協議、まとまった所でゴエ氏がPCにて原版データを作成させました。ここでサンプル印字の為、いったんゴエ氏が退場したので残った私・アジサイ氏・不死汰氏の3人でゴエ氏が戻るまで軽いゲームをプレイする事に。

1.「BABEL5」(チームきりたんぽ(仮))
babel5_1.jpg

 当コンベンションではおなじみのチームきりたんぽ(仮)のゲームです。型から作られたオリジナルの塔の上にダイスを積み上げていくアクションゲームです。プレイヤーは手番がきたら大きいダイス2個・小さいダイス1個を振り、出目と同じ塔にダイスを積み上げなくてはなりません。但し6の目は任意の塔に割り振ることができます。積み上げた時にダイスを崩してしまうとそれらのダイスが失点として引き取る事になります。尚、小さい目の方ほど積みにくいが失点は低く、大きい目の塔は積みやすいが失点が大きくなっています。ゲームはアジサイ氏が5の塔に7つを載せ見せ場を作りますが、結局8つ目を載せようとして失敗全部引き取る事になり脱落、小さい目の失点のみで押さえた不死汰氏の勝利。
babel5_2.jpg

続いて定番のこのゲームをプレイ。

2.「モレール」(king's court)
morel_1118.jpg

 おなじみトイレ我慢カウントアップゲームです。この日は中盤のバーストポイント付近で激しい攻防がおこり、いつにない接戦に。最後は不死汰氏:2、アジサイ氏:2、私:6の圧倒的有利な状況からアジサイ氏の「おっとごめん!」(私はランダムでカードプレイしなければならない)カード2連発で大逆転負けを喫して終了となりました・・。

ここでゴエ氏がサンプルを携えて戻ってきました。テストプレイを行おうとしましたが、ここで時間切れとなりこの日は終了となりました。

報告は以上です。TGFの打ち合わせで時間を取られてしまいあまりプレイの方は行えませんでした。午前・午後のコンベンションはやはり午後・夜間のコンベンションと比較するとゲストの方の入場者数は激減するようです。今後、午後・夜間にてコンベンションが開催されるようにしたい所ですが・・なかなか厳しいようです。まあ午後のみ参加でも4時間位たっぷりプレイできますので、午前・午後でのゲストの方の参加をお待ちしております・・。
posted by 平景虎 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

第15回コンベンション報告

 10月28日に第15回コンベンションが開催されました。当日の参加者は5名。3名の方がゲストとして来場されました。
 今回は久しぶりの午後・夜間開催で久しぶりにゲストの方が多数来場されるのではないかと思われましたが・・最初の2時間は全く人が現れず。この日はスタッフのアジサイ氏・不死汰氏が共に欠席との連絡もあり、私とゴエ氏の2人だけの時間が続きました・・。このままだと「コンベンション報告」にならないと思われた時、京成氏・イシオドリ氏が来場。何とか「コンベンション報告」ができる状況になりました(汗)。さっそくお二人にどんなゲームが良いか確認した所、軽めのゲームがよいという事になり、まずはこのゲームをプレイ。

1.「エルスミーアの卒業試験」(ボードゲームのおもちゃ箱)
elsmia_1028.jpg

 ゲーム初心者の方や軽めのゲームを希望の方に「つかみ」としてまず出すゲームです。ルールも簡単ですし、ダイスゲームですからそれなりに盛り上がりますし、プレイ時間も30分位ですからオープニングゲームとして最適なゲームだと私は思っています。お二人にもこのゲームは好感触だったようで、思わず2回プレイしました。

続いて、こちらのゲームをプレイ。

2.「LIVING DEAD TILL DAWN」(チームきりたんぽ(仮)
living_dead_1028.jpg

 おなじみゾンビとの死闘を繰り広げるカードゲームです。以前プレイした時も「協力プレイ必須」としてプレイしたゲームですが、3回目の「DAWN」カードが出た所で私が仲間に力を貸さずに「1人だけ生き残る作戦」というギャンブルプレイに徹した為、次々と仲間は脱落していきます。しかし、結局4枚目の「DAWN」カードを拝めず、私も含めパーティーは全滅となりました・・。>4枚目は山札の下から2番目という運のなさでした(汗)。

ここで本気屋氏が来場され、5人となった所でおなじみの「ネタゲー」をプレイ。

3.「クソハード決定カードゲーム〜負け組2006」(フェニックスサーガ/グループ乾坤一擲)
makegumi_1028.jpg

 定番のネタゲーです(笑)。トロイホースでは初めての5人プレイ。5人プレイだと名作カードの枚数がキツキツで、イベントカードが出やすいので、山札から名作を引くのはかなりデンジャラスです・・。今回も大物ソフトのネトゲー化が相次ぎ、そうはさせじと他のプレイヤー達も大物クソゲーで対抗します(笑)。特にゴエ氏は45点のネトゲーを発売した所、何と合計−75点のクソゲーの猛ラッシュを浴びて序盤で轟沈、私も終盤「不二子ちゃん」と「女スパイ」に「隠れ名作(+20)」と「ネトゲー(+30)」の切り札2枚を奪われ脱落しました。また終盤まで奇跡的にイベントが出なかったのですが、本気屋氏が「コア構想→邪神フィギュア→イメージキャラ→ディスクをガリガリ→負の遺産」と連続で引いてしまうという悲運にみまわりたりしていました・・。>たあら氏に相談して5〜6人プレイ用に、追加の名作カードを拡張キットの形で頒布してもらおうかと思います。

ここでいったん休憩となり、ゴエ氏がいったん退場した所で、京成氏・イシオドリ氏・本気屋氏等で現在製作中のゲームのテストプレイをすることに。

4.「ピラミッドを作ってUFOと交信するゲーム(仮)」(京成氏等自作ゲーム)
piramid.jpg

 今のコンポーネントはトランプを使っていますが、変更の可能性アリとの事。プレイではトランプのスートのみ意味があります。プレイヤーは1組ずつのトランプを持ち山札とします。手番になるとまず山札から1枚ドローした後、以下の行動のうち1つを行えます。
1.ピラミッド建設(ドローしたカードをピラミッドの土台として配置する事ができます。更に手札から1枚追加してピラミッドの建設に使えます)
2.チャネリング(交信)(ピラミッドが「三角形」の形になっていたら行えます。1D6し、頂上を除いた段数以下を出すと、1VPを得るかイベントカードを引く事ができます)
3.バリスタ(ドローしたカードと同じスートのカードを手札から出す事で使用可能。上家に対し攻撃を行えます。攻撃を受けた側は攻撃されたカードと同じスートのカードを出せれば攻撃無効にできますが、出せない場合ピラミッドのそのスートと同じカード(尚、ピラミッドの土台として構成されていないスートのカードでは攻撃できない)を除去し、その際ピラミッドの形を維持できなくなった時、それらのカードをピラミッドから除去しなくてはなりません。尚、バリスタで使用したカードは両者共補充できません。また上家以外に射程を延ばすには更に追加で任意の1枚を手札から使用する必要があります。)
4,補充(ドローしたカードを手札に加えます)
勝利条件は、8VPを獲得したプレイヤーの勝利です。
 1回プレイしただけなので、はっきりはわかりませんでしたが、一度VPで離されてしまうと途中から追いつくのは厳しいかと思いました。とはいえバリスタの威力を上げてしまうと混戦になってなかなか終わらなくなってしまいそうですし・・・なかなか難しいですね。ただ完成度は高かったとは思いますので、来年のゲームマーケットを目指したらどうでしょう?その時は我々も協力しますよ。

ゴエ氏がなかなか戻ってこなかったので、再び「LIVING DEAD TILL DAWN」をプレイ。
living_dead_1028_2.jpg
前回のプレイはかなりインパクトがあったようで、今度は本気屋氏も加わってのプレイ。但し今回は意外なほど順調で、珍しく各自に武器が行き渡っており「ゾンビはどこだ!」と叫ぶような一幕もありました>こういうケースはそう多くないのですがね。

ここでゴエ氏が戻ってきて、最後にこのゲームをプレイ。

5.「ドンペリ」(チームきりたんぽ(仮))
don_peri_1028.jpg

おなじみのバッティングゲームです。しかし・・今回の私はひどかった。なんと最終ラウンドまで獲得点数が何と0点!いやあ、バッティングしまくりです(汗)・・どうにもならなかったですね(苦笑)。今回は全員前半戦はバッティングしまくりで、得点獲得者がほとんどない状態でした>よこどりクレーンのバッティングがかなり多かった。〆のゲームも大変盛り上がりました。

 報告は以上です。今回はスタートは遅かったですが、5時間位みっちり遊べて良かったです。今回チョイスしたゲームは過去プレイして実績のあるゲームばかりだったので安心してプレイできました。ゲストのみなさんの受けもよかったようです。
 さて、次回は「TGF直前コンベンション」というわけで、今回プレイできなかったTGF向けテストプレイ用新作のテストプレイ中心で進めていく事になりそうです。もちろん他のゲームもいつも通り持ち込みますので安心してください。それでは次回ご来場をお待ちしております。
posted by 平景虎 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。